ハーケンクロイツ

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:34:58.58 ID:wKyopAny0

ユダヤ人がこのマークみたらどうなんの?


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:36:46.93 ID:+T43NTTqO

>>3
ぶっちゃけ少林寺拳法の卍も使えないくらいにヤバイ

http://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラー
国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)党首としてアーリア民族を中心に据えた民族主義と反ユダヤ主義を掲げたドイツの独裁者。1923年にミュンヘン一揆で一度投獄されるが出獄後合法的な選挙により勢力を拡大、1933年に首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領死去に伴い、国家元首となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/国家社会主義ドイツ労働者党
国家社会主義ドイツ労働者党は、かつて存在したドイツの政党。一般にナチス、ナチ党などと呼ばれる。1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立され、1920年に国家社会主義ドイツ労働者党に改称した。アドルフ・ヒトラーが指導者として率い、1933年に政権を獲得後、独裁体制を敷いた。1945年のドイツ敗戦により解党した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ハーケンクロイツ
ハーケンクロイツ(Hakenkreuz、 逆鉤十字)は、1920年にナチスが党章や党旗に、1935年にドイツ国旗に採用したシンボルである。「」(右まんじ、逆まんじ)が使われる場合が多い。

(元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344195263/)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:04:27.36 ID:+T43NTTqO

ドイツのプラモデルのカタログ見たら
ヒンデンブルグ号の尾翼に描いてあったはずの鉤十字が白く塗りつぶされてた


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:11:45.19 ID:OLtLzE7MO

ハーケンクロイツは元来、ナチ党の支持母体の1つである神秘主義系の秘密結社トゥーレ協会がシンボルとして用いてたもの
卍自体は太陽を表す記号としてヒンドゥー教圏や仏教圏など広域な地域で用いられており、トゥーレ協会の用いるハーケンクロイツはそれをベースにしたもの


63:キュア坊主 ◆Ocure013Nwik :2012/08/06(月) 05:15:19.43 ID:4dMBOY0k0

>>58
転法輪だと思うんだが、どこで太陽になったんだろうな


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:19:19.36 ID:+T43NTTqO

ナチスって対立者がつけた蔑称だから
ナチスの人間が自らをナチと言うことはない


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:35:22.32 ID:P8e1A2240

ナチスの科学力は世界一らしいこと


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:36:23.51 ID:NbzCgAoAO

オルテ建国の父


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:36:39.88 ID:krMEKXKB0

画家コンプのせいでフランスが酷い目にあったらしいということ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:00:40.40 ID:+T43NTTqO

タバコと肺がんの関係に目を付けて健康キャンペーンをやった


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:43:31.39 ID:pFR9RExi0

禁煙してた


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:39:08.75 ID:C2WZ1gmW0

ヒトラーはベジタリアン
http://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム
アドルフ・ヒトラーは、酒を飲まず、煙草も嫌っていただけでなく、ベジタリアンであったとする説がある。リヒャルト・ワーグナーはドイツの未来とベジタリアニズムをむすびつけて歴史を論じているが、ヒトラーの食事もその理論に従っていたという仮説が立てられている。ヒトラーは菜食が個人的な健康問題を解消してくれ、魂の再生をもたらすものだと考えていた。

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:59:52.10 ID:a12MhGyE0

ヒトラーはユダヤ人

http://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラー
2010年には、ヒトラーの近親者から採取したDNAを分析した結果、西ヨーロッパ系には珍しく、北アフリカやユダヤ系の人々には一般的に見られる形の染色体があるという調査結果が発表された。

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:40:16.78 ID:krMEKXKB0

地底王国アガルタを本気で探してた

http://ja.wikipedia.org/wiki/アガルタ
アガルタは、地球(世界)の中心にある(またはそこから行き来できる)という、理想世界またはその都市の名称である。諸説あるが太陽に準じる光源と過酷な 自然環境、それと共存する高度な科学文明と精神社会、超能力を含む超人的な特異能力を持つきわめて長寿な人類や動植物が描かれることが多い。



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:41:59.67 ID:OLtLzE7MO

ドイツがテキサス州並に広かった

769.2万km2 オーストラリア
750 アケメネス朝
742 日本勢力圏(1942年夏)
390 セルジューク朝(1080年)
389 ドイツ勢力圏(1942年9月)
373 イタリア植民地帝国(1936-41年)
370  オランダ植民地帝国(1940年)
350  ビザンツ帝国(555年)
328.7 インド
310.3 サハ共和国
300  地中海
300  セレウコス朝(前301年)
280  宋(1111年)
278.0 アルゼンチン
75.66 チリ
75.3  ザンビア
75   北海
74.5  モルッカ諸島
73.7  仏領インドシナ(1935年)
69.6  ナチス・ドイツ(1941年)
69.5  テキサス州
67.66 オーストリア=ハンガリー帝国(1910年)
67.65 ミャンマー
67.5  大日本帝国(最大)
65.2  アフガニスタン


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:45:53.02 ID:j4aYqrV+O

実は南米に逃げた

http://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラー 生存説項参照
ヒトラーの遺体が西側諸国に公式に確認されなかった上、終戦直前から戦後にかけて、アドルフ・アイヒマンなどの多くのナチス高官がUボートを使用したり、バチカンなどの協力を受け、イタリアやスペイン、北欧を経由してアルゼンチンやチリなどの中南米の友好国などに逃亡したため、ヒトラーも同じように逃亡したという説が戦後まことしやかに囁かれるようになった。



36: 【17.3m】 :2012/08/06(月) 04:51:41.85 ID:Lb6YLVQe0

池沼を大量虐殺した


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:56:52.88 ID:tT6anR/vO

>>36は正直英断だと思う
遺伝的なものは駆逐出来るんじゃないんだろうか
何代も続ければ


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:04:13.50 ID:cwvgfH970

ヒトラーは共産主義者やユダヤ人は嫌いだったがホモはわりとどうでもよかった


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:10:49.21 ID:+T43NTTqO

>>52
でもホモセクシャル公言してた(同性愛を禁止してた法律の撤廃を訴えてた)
突撃隊のエルンスト・レームは処刑されたよな
ホモだけが理由じゃないけどさ


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 04:38:04.11 ID:JroWNir+0

(虐殺行為はNO)


16:こてっちゃんもっちぃ ◆zQWSMlXDEGMB :2012/08/06(月) 04:38:48.76 ID:R2TsbR9D0

>>14
書こうとしたらすでにあった


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:13:48.55 ID:SXEMVmV70

ぶっちゃけ近年の悪行を見ればユダヤ人には同情する気が失せる
http://ja.wikipedia.org/wiki/パレスチナ問題
民族宗教ユダヤ教の聖典旧約聖書では、パレスチナの地は神がイスラエルの民に与えた約束の地であると説かれ、このためヘブライ語では「
イスラエルの地(エレツ・イスラエル、Eretz Yisrael)」とも呼ばれるようになった。のちにユダヤ教から分かれてキリスト教が興ると、その聖地として世界中の信徒から重要視されるようになった。さらに、ユダヤ教・キリスト教から分かれてアラビア半島に興ったイスラム教も当然エルサレムを聖地としたため、諸宗教の聖地としてエルサレムを擁するパレスチナは宗教的に特別な争奪の場となった。


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:17:10.33 ID:h7h7Ft0w0

>>59

となりの民族を見てると、"最終的解決"を思いついた気持ちが
理解できるとか思ってる俺は「人道に対する罪」で裁かれるの?


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:00:18.54 ID:ETh64L4J0

オリンピックを国威発揚に利用したのはベルリンオリンピックが最初
初めて聖火リレーをやったのはこのとき


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:11:07.01 ID:NTWIUHhb0

ドイツ人に日本の小学一年生の授業を見せると発狂する


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:05:25.48 ID:EJ05UUKV0

>>57
なんでだ


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:09:07.91 ID:9pceVIDc0

>>123
手を挙げてハイハイいっててそれがナチ式敬礼を連想させるからだろう


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:10:46.76 ID:EJ05UUKV0

>>125
ああなるほど ハイル!ハイル! って見えるのか おもしれえ観点だな


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:19:27.01 ID:JHnPGdLD0

脂肪石鹸と人皮ブックカバー


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:22:23.09 ID:+T43NTTqO

>>67
いくら物が不足してるからって
ユダヤ人からとった脂を使って身体洗いたいドイツ人なんていないと思うがなあ
実際科学分析でユダヤ人石鹸は否定されてるんだよな



83:nbra-d9ba3a0a.pool.mediaWays.net:2012/08/06(月) 05:33:12.05 ID:9pceVIDc0

今ドイツにいるんだが


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:33:46.26 ID:zBO43qyP0

>>83
グーテンターク


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:37:10.25 ID:9pceVIDc0

>>84
Weil es in Deutschland vier nach halb elf bei Nacht ist, musst du schreiben: Guten Abend.


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:43:21.98 ID:zBO43qyP0

>>88
ゴメン ジャーマン デキマセンッヒ


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:47:22.30 ID:9pceVIDc0

>>95
イッヒカンニヒトドイチュ
くらい覚えろ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:31:19.55 ID:+T43NTTqO

ヒトラーが入党する前のナチス党は弱小団体だったから
党員番号を1番からじゃなくて501番から割り当てて、多く人数があるように見せ掛けていた


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:28:05.98 ID:1+yw0yU10

よく合法的選挙で第1党になって独裁を始めたと言われるが、
筋骨隆々の親衛隊を議事堂にズラリと並べたり、
耄碌した爺さん騙したり、
反対派の議員を血祭りにあげたりと手段はあくどかった。


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 07:20:55.58 ID:5YUh176d0

過半数が取れないから分母を減らして政権奪取


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:52:11.64 ID:h7h7Ft0w0

ナチス台頭の遠因になったWWIの賠償金を数年前にやっと支払い終えた。


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:25:44.92 ID:h7h7Ft0w0

独裁者がいたドイツはある意味幸運。全ての責任を彼に押し付けられたから。
日本は独裁者がいなかったので、日本人全体の責任にされている。


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:39:18.74 ID:+2cImseD0

アウトバーンを作ったといっても過言では程の超大規模な拡張をした


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:43:22.75 ID:1+yw0yU10

>>91
公共事業で雇用増やそうぜ という案はヒトラーが独裁やる前から実行にうつされていた
成果で始めた頃に、あたかも自分が発案したかのごとく宣伝しまくって美味しいとこもっていったのがヒトラー


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:46:06.32 ID:1+yw0yU10

ヒトラーが実際に力をいれたのは道よりも車

一家に一台の国産車を ということで増産しまくったのがヴォルクスワーゲン


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:48:13.81 ID:9pceVIDc0

>>99
フォルクスです…


110: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/08/06(月) 05:54:10.07 ID:vmhKwVMQ0

フォルクスワーゲンって中途半端な読みだよな。
フォルクスとよむならバーゲンだろうに


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:37:25.96 ID:1+yw0yU10

読書家であったが教師を持っていなかったため、
驚くほど穴のある持論をぶちあげていた
しかし無学なドイツ民にはそれが受けた


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:42:56.68 ID:1+yw0yU10

民族主義で若者の優越感をくすぐりつつ、
一方では労働者のストライキを弾圧して企業に媚を売って政治資金もらったりもしていた。
世界で始めてステマを有効利用したのもおそらくナチス


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:07:35.42 ID:1+yw0yU10

金髪で碧眼なのが美しいと思う厨二的センスのため美大にはいれず


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:18:47.87 ID:eofzfrdG0

絵描きとして成功してたら歴史は変わってたかもな


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:20:53.66 ID:9pceVIDc0

>>132
フランスにあんな扱いをされてたら国粋主義は必然的に生まれていただろうが、ソ連侵攻をせねばよかったな


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:16:33.63 ID:Mdm/eTejO

ヒトラーは絵を書くのが好きでベジタリアン、階級は伍長と高くはない
なんでこんなやつがあんなことできたのか


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 08:28:47.99 ID:C8v/V9fP0

>>130
演説だろうな
傍から見たら厨二病じみた妄想でも演説でごまかせる
しかも時代は不景気でみんなが不満の捌け口探してた時代だしそういう時代はそういうのに大衆が流されやすい
だから比較的安定してた知的階級であった貴族なんかは結構ヒトラー嫌ってた


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:28:29.63 ID:1+yw0yU10

ヒトラーは階級こそ伍長だったが、
命知らずの活躍で有名だった
第一次大戦後はしばらく軍部からスパイのような仕事をもらっていたときもある


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:36:28.63 ID:1+yw0yU10

ヒトラーのメンタルはネトウヨにちかい

「風俗業界を牛耳っているのがユダヤ人だと知ったとき、私は寒気がした」



「ユダヤ人は盗人だ、売女だ、人類のプロメテウスたるべきゲルマン民族の対極にいる」

などの声明を発表し、特に学のない失業している若者に熱烈に受け入れられた


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:44:55.43 ID:h7h7Ft0w0

>>139

ヒトラー以前までに醸成されてきた反ユダヤ主義が、
ワイマール下のヒドい社会情勢のせいで国粋・民族主義と融合して一気に高騰した、
とは考えられないかな。シオン賢者の議定書なんて偽書が広く信じられていたようだし。

ヒトラー以外の誰かが元首になっても、ユダヤ人冷遇ぐらいはやったような気がする。



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:46:53.81 ID:xxA61zM+0

>>142
ということは日本でもガクガクブルブル


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:48:49.21 ID:h7h7Ft0w0

>>145

ワイマール下の情勢は今の日本なんか比べ物にならないぐらいヒドいだろ。
終戦直後の日本よりもずっとヒドい。


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 07:00:33.73 ID:1+yw0yU10

>>146
人間の感じる「辛さ」や「ひどさ」は測定が難しい
就職難を苦にして自殺する人物がいるのをみると、現代日本もけっこうなとこにきているかと

とあるマンションに住む100人のうち、20人が生活保護で生きていて
20人が失業者で、
20人がヒッキーでも、
普通に働いている残りの40人には事態の深刻さはわからん気がする。

国はいつかは破綻するけど、それがいつかなんて誰にもわかんないですよ
地震みたいなもんじゃないのかな


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 06:52:25.15 ID:1+yw0yU10

>>142
そこに至るまでのプロセスを語れるほど僕には知識がないのでなんとも

ハッキリしているのは、

ルーズベルトだって赤狩りで天安門みたいなことはやっていたし、
イギリスにだって反ユダヤ主義者はいたのだという事実
また独裁政治というのはヒトラーよりさきにムッソリーニがやったこと

たまたまドイツですんげーうまく行っちゃっただけで、

当時の世界ではこの考え方は一般的だったんじゃないかな



148:キュア坊主 ◆Ocure013Nwik :2012/08/06(月) 06:55:16.16 ID:4dMBOY0k0

>>147
世界で、じゃなくキリスト教圏でって感じだろ
俺らが創価やオウムを嫌うのと一緒だよ


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 07:04:48.01 ID:1+yw0yU10

>>148
んなこたないよ

中国はこのときに漢民族うんちゃらで民族主義にはしったし

日本だって天皇を神様だとかって祀っただろ

貧乏で飯食えなくて勉強もして来なかった人間の考えることは似てくるんじゃね?


153:キュア坊主 ◆Ocure013Nwik :2012/08/06(月) 07:09:07.01 ID:4dMBOY0k0

>>151
ああ、そりゃそうだよ
世の中「考え方が違う人間」ほど不愉快なものはないさ
もう国境とか引いて距離とっちゃうほどムカつくものなのは、実は満たされた人間でも一緒


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 07:15:18.86 ID:1+yw0yU10

>>153
みんなして「俺は偉くて特別」って思ってるだけで違いなんてないのにな
不毛だわあ


155:キュア坊主 ◆Ocure013Nwik :2012/08/06(月) 07:17:22.38 ID:4dMBOY0k0

>>154
一見不毛に思えるけど、実は「社会規模と現状に沿った最も効率的な考え方を選択している」という人間の直観的行動だったりもする

人間ホルホル


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 05:20:48.66 ID:HSaV6HrwO

「若者たちを無気力にし、国家にとって『無害』にするために最も有効な方法は何か
 それは彼らが子供のときに欲しがる物を全て買い与えてやり、そして決して叱らないことである」
ヒトラー

まさに現在の日本……


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/06(月) 07:20:57.28 ID:1+yw0yU10

「一つのドイツ」として線引きに成功したのはヒトラー

東西に別れても、この「一つのドイツ民族」という単一民族主義な考えはずっと残っている
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドイツ人 民族としてのドイツ人項

そもそも「ドイツの歴史」(ドイツ史)について語る時、しばしばドイツ史の「ドイツ」が何を意味するのかが議論となる。それは語源についての話題ではなく、ドイツ地方の歴史という意味なのか、ドイツ人の歴史という意味なのかという事についての議論である。

前者の場合はドイツ地方はその領域が未だに確定されていない不安定な物に過ぎない(直近の例では東ドイツの統合が挙げられる)点や、ドイツ人の存在を必ずしも前提とする必要がない以上、古代ゲルマニアの諸民族から今日のドイツ住民について記述する事も可能となってしまい、ドイツ民族のアイデンティティに支障が生じる点で物議を醸してしまう。しかしドイツ人の歴史と銘打ったところで「文化集団としてのドイツ人」が形成されたのはせいぜい15世紀・16世紀からの事でしかないし、更にそこに「国民意識を持った」という前提を加えれば19世紀からの歴史しか記載できないことになってしまう。「ドイツ人、それが何処にいるのか私には分からない」(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)、あるいは「我々をドイツ人として纏めようとする事は無駄な努力である」(フリードリヒ・フォン・シラー)という言葉が象徴しているといえよう。

こうした問題点については多かれ少なかれ他の欧州主要民族にも言えることではあるが、取り分けドイツは地方としての領域が近代以降も変動を続けているという点で、他国よりも複雑な事情を抱えている。


1001:以下、名無しにかわりましてクズ吉がお送りします:2012/00/00(日) ID:lifehackest